8027ed6093420336b5d7e3ba19c4668d_s

爪水虫(爪白癬)は白癬菌というカビの一種が原因の水虫です。

通常の水虫の場合は、白癬菌(他にもありますが)が皮膚に潜んでいる状況ですが、爪水虫の場合はこの白癬菌が爪の中に発生している状況です。

爪の内部まで白癬菌が潜んでいる状況なので、結局爪が生え変わるまで治療を続けないと完治しません。

足の爪が生え変わるのにかかる時間は親指で6ヶ月、小指で1年と言われていますので相当な時間です。。

なので、爪水虫になる前に感染を防ぐことを意識する必要があります。

爪水虫の白癬菌の感染の原因は、主に他の人からの伝染です。

白癬菌は高温多湿な場所を好みますので、バスマットやスリッパなどそういった場所で伝染する可能性が多いです。

また、爪水虫の自覚症状が少ないって点もあり、気づかず人にうつしてしまっているなんて状況も考えられます。

なので、温泉やスパ、素足で行動しがちな夏などは特に気を付けるべきですし、梅雨の時期に塗れている靴を仕事中に毎日同じものを履いているってことも危険です。

女性の場合はブーツで蒸れてしまったり、また夏にはサンダルを履いて素足で屋内に入ることがあったりするので、爪水虫の感染も多かったりします。

水虫って聞くと男性に多いイメージですが、以外に女性のが多いって現状もあります。

これは、ペデキュアを塗ったりするので男性よりも、爪水虫であることに気づきやすいってことも言えるかもしれません。

爪水虫の治療はどうすればいいのか!?

先ほどもお話した通り、普通の白癬菌での水虫の場合は皮膚に白癬菌が潜んでいる状況ですが、爪水虫の場合は白癬菌が爪の中にまで入っている状態です。

なので、塗り薬もありますが、「効果だけを考えたら」飲み薬のが効果的です。

ただ、この飲み薬には「ラミシール」と「イトリゾール」とあり、病院で処方されるのですが、副作用もあります。

また、肝臓が正常でない場合は処方されません。

そういったことから、初診では血液検査をしますし、場合によっては診察の度に血液検査で注射をすることになります。

そういった通院を6ヶ月~1年続けるのは非常に大変なので基本的に途中でいかなくなってしまうってケースが多いのが現状です。

この時、パッと見は治っているので「まーいいか!」なんて思いがちですが、体外は再発することになります。

他に病院での治療はレーザーでの治療もありますが、レーザー治療は日本で認可されていないため「自費での治療」となってしまうので、経済的に悩むところです。

レーザー治療にしたとしても、治療にかかる期間はやはり同じです。

そういったことからやはり塗り薬で自分で治療するのが、自宅でもできるので継続しやすいため、結局一番完治しているってことが体感ではあります。

また、爪水虫の塗り薬も最近では、浸透力が強く、副作用がないものが発売されているので、以前よりも塗り薬での効果はとても高くなってきています。

爪水虫に効く薬はこちらで紹介されているものがおすすめです。色々とでてきていますが、1番っていったらリンクのサイトで紹介されているものだと口コミから察することができますよ!