爪水虫の症状やおすすめの薬やみんなの治療方法についての口コミを紹介します。

%e5%a5%b3%e5%ad%90%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3女性 32歳 パート主婦「爪の色が濁り、表面がでこぼこ」

q1どの爪が爪水虫になりましたか?

a1右足中指、右足小指、左足小指

q1どのような症状でしたか?

a1爪の色が濁り、表面がでこぼこしてきました。

q1おすすめのケア商品や改善方法はありますか?

a1皮膚科に通い、爪水虫専用の「クレナフィン」を処方してもらいました。

q1爪水虫を改善した方法、または改善していないのであれば、その理由を教えてください。

a1爪の色がなんだかおかしい、と気付いたのは、ずいぶん前のことです。それでも、ペディキュアを塗って隠したまま生活していました。

表面がでこぼこし始め、爪の厚みが増して変形し始めて、やっと「爪の病気なんじゃないか?」と疑い始めたのです。

皮膚科を受診すると、詳しい検査をするまでもなく「爪水虫のようですね」と診断されました。

まさか自分が爪水虫だとは…ショックは大きかったですが、一刻も早く綺麗な爪に戻したい一心で、治療を開始しました。

処方されたのは、「クレナフィン」という爪水虫専用の塗り薬。医師から言われたのは、爪が生え換わるまで根気よく治療を続けること、ということでした。爪が完全に生え換わるまで約半年。

塗り薬の効果でいくら爪が綺麗になったように見えても、油断せずに気長に治療を続けることが完治の秘訣です。

現在、治療を初めて三カ月。塗り薬のおかげか、爪の濁ったような色は消え、ぼろぼろになっていた表面も爪らしい滑らかさを取り戻してきてはいます。

ただ、ここで油断をしてはいけないのが爪水虫。完全に健康な爪に戻るまで、じっくり治療を続けたいと思います。